男性

整体師を目指すなら無理なく学べるスクールに通うと良いでしょう

義肢をつくる

看護師

事故や病気などによって手足を失ってしまった人は、快適に日常生活を送ることが困難になります。1つ1つの動作には手足を使うことが多いので、日常的に行なう動作も手足を失うことによってスムーズに行なうことができなくなるのです。失った部分に人工の手足を取り付けることによって、負担を軽減させることができます。人工の手足である義肢を作ったり採寸したりする人を義肢装具士というのです。義肢装具士は患者の体にフィットさせる義肢を作る必要があるため、採寸や組立などを丁寧に行なっていきます。義肢装具士になるのは国家資格の取得が必要で、専門学校や大学を卒業することで受験資格を得ることができるのです。専門学校の場合、3年間学ぶことで卒業後はすぐに国家試験を受験することができますが、1年課程の場合は卒業後に養成施設で2年以上学ぶ必要があります。短期大学や専門学校に行くことで、義肢装具士を目指すことができるのです。義肢の使用する材料などは時代と共に進化していっているため、その都度新しい知識を習得する必要があります。幅広い患者に対応し、しっかりとフィットさせる義肢を作ることが重要になっていくので、専門的な知識と技術を身に付けなければなりません。義肢が体に合っていないと、転倒したり外れてしまったりする可能性があることから、微調整を繰り返しながら作っていくのです。専門学校の場合、短期間で必要なスキルを身に付けられることから、卒業後はすぐに現場で働くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加